購入も修理も、ビンテージモーターサイクルを愛し、モラルを大切にするところで

古いバイクはこんなもんだ!?

では、ビンテージモーターサイクルはどんなところから購入したら良いか。

結論から先にいうと、
”ビンテージモーターサイクルを愛し、モラルを大切にするところ”

抽象的な表現でわかりづらいかもしれないが、
こういうところであれば車両に関する知識も豊富な上に、良心的。
後々困るようなことはないだろう。

以前、「オークションの個人出品の車両は大丈夫か?」
というような質問を受けたことがあるが、
同じようなスタンスが感じられる売リ手であるなら問題はないはず。

個人であっても、
部品の調達や修理店の紹介など、アフターフォローまでする人も実際にいる。
ただし、その手の車両は売リ手が金銭的に困っているようなことがないかぎり、
安いものではないだろう。

「本当は売りたくない...」
こんな車両であればこそ、間違いはない。


※当サイトでもこんな出物があれば、こちらのコーナーでお知らせします。

 

もちろん、購入に際しては、
売り手の話をじっくりと聞くのは当然のこと。
相手が個人であろうとショップであろうと、この機会を得られないようなところからは購入すべきではない。

また、普通ショップから購入すれば間違いない気がするものだが、
ビンテージモーターサイクルの場合はどうだろう。

”その車両の本来の調子がどんなものであるか...”
残念ながら、店を構えていても知らないところもあるといわざるえない。

数10回キックしてもエンジンがかからなかったり、走行中頻繁にエンジンが止まったり、
ブレーキが飾りものであったり、妙にハンドルをとられるなどなど...

こんな車両でも、
「古いバイクはこんなもんだ!?」

などというようなところもあるようだが、
ビンテージモデルであってもまともな車両であればそんなことはない。

普通、数回のキックでエンジンはかかるものだし、
ひどい渋滞にでもハマらない限り、頻繁にエンジンが止まるようなことはない。

走っているときにしても同じ。
ブレーキはそれなりに車間距離をとっていれば、ちゃんと止まれる程度は効くはずだし、
フレームやフォーク類に問題がなければ、ハンドルから両手を放していてもまっすぐ走るはずだ。

ただ、ビンテージモデルであるからして多少のオイルは漏る。
いや、漏るというよりは、
”にじむ”という表現のほうが的確かもしれない。

リジットフレーム時代のハーレーダビットソンですら、
エンジンやフレームを伝ったオイルが地面に数適落ちる程度が普通で、
たまに拭いてやるなら、それすらない。

ビンテージモデルに乗リ出して間もない方なら、
エンジンの始動性や安定性、そして加速感やブレーキの効き具合など、

「この状態で普通なの!?」
と思うところが少なからずあるだろう。

そんな時はまともな車両と一緒に走ればいい...
普通がどんなものなのかよく分かる。

※”調子の良い車両がどんなものか見てみたい”あるいは”一緒に走ってみたい”と思う方がいらしたら、こちらのページを見て頂きたい。

また、現状渡しで購入した場合は仕方ないが、
乗りはじめてすぐに高額な修理代がかかるなんていうのもヒドイ話。
とくに、エンジン関係の修理であれば、修理代が高額になるばかりか、
いちばん乗りたい時期に乗れない。

普通、良心的なショップであれば、
納車から間もないうちにおこった故障について、高額な修理代など請求しない。
仮にエンジンを開けるような修理であっても、請求されるのは部品代の一部くらいだろう。

しかし、ショップにとっても自前の修理費が大きければ、
車両を売っても儲けがない。
ヘタをすれば赤字になってしまうこともあるわけで、
修理履歴がはっきりしていない車両は、調子良く見えてもあえてエンジンを開けることもある。

このことから考えても、よっぽどの事情がないかぎり、
格安価格の優良車両など存在しないということがお分かりいただけるだろう。

ちなみに、この文章を書いている2007年2月現在、
ハーレーダビットソンのビックツイン系シャベルヘッドの店頭価格は180万から250万。
パンヘッドはプラス50万。
オリジナルのリジットモデルであれば、更にプラス50万。
ナックルなら、それにもうプラス100万から150万といったところだろうか。

これが個人売買なら、
50万程度は安く買えるかもしれない。

ここでいう各モデルにおける価格の開きは、
オリジナル度によって変わってくる。
とくに新車当時から室内で保管するなど、大事に扱われていたような代物は高い。

中には塗装すら痛んでいないものもあるし、
工場出荷時の状態をそのまま維持しているようなものは、
どうしたって高値になる。

そして、各モデルの初期型や最終型、記念モデルやポリスモデルなどなら、
更に高額になる場合もあるだろう。
(2010年加筆...外装までオリジナル度が高いナックルの場合、見た目のキレイさに関わらず、
600万以上の値札がつく車両もめずらしくはないようだ...)

この車両価格については高額に感じる方もいるかもしれない。
しかし、ハーレーダビットソンの価格はアメリカ本国でもけして安いものではなく、
ある程度オリジナル度の高いナックルなら、まず2万ドル以下で買えない。

仮にそれを日本に持ってきて売るなら、
車両のピックアップやシッピング費用、数々の手数料に車両の点検や調整にかかる時間、
そして、販売利益などを合わせると日本円の換算のほぼ倍額。
販売価格は簡単に400万円以上になってしまう...。


→ 次のページへ


メッセージ

T-Shirt

 

インプレッション

ハーレーダビッドソン